エコパスコラム

企業の生物多様性の取り組みに役立つ情報を更新していきます

8/2 セミナー「生物多様性の活動をESGに活かす~GRIスタンダードを用いた効果的な環境情報開示~」

| 0件のコメント

昨今多くの企業がESGに高い関心を示すようになり、同時に企業活動のESGに関する情報開示が、企業価値評価において非常に重要になっております。

本セミナーでは、情報開示基準であるGRIガイドライン第4版が今年の7月をもって2016年に発行された GRIスタンダードに完全に切り換わるのを機に、ややもすれば埋没しがちな環境保全活動について、GRIスタンダードの要求事項を解説しながらその効果的な開示について共に考えていきます。

申込フォーム → コチラ(定数に達したため応募を締め切りました)

 

【日時】 平成30年8月2日(木) 14:00~16:30(受付開始13:30)

【場所】 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)

【対象】環境・CSR・広報・人事・調達・総務ご担当者

【定員】20名

【参加費】無料

【お申込み】申込フォーム → コチラ(定数に達したため応募を締め切りました)

プログラム

1)GRIスタンダードにおける生物多様性とESG評価の関係 ㈱クレアン サステナビリティ・コミュニケーショングループ マネジャー 板谷 公恵

2)GRI:304 生物多様性について  ㈱エコロジーパス 代表取締役  永石 文明

3)2017年版レポートから見た生物多様性情報開示 ㈱エコロジーパス環境経営コンサルタント 金澤 厚

4)質疑・情報交換

【チラシ】 ダウンロード用チラシ

 

申込フォーム → コチラ(定数に達したため応募を締め切りました)

 

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA