企業の生物多様性への取り組みをトータルにサポートします。エコロジーパスにお任せ下さい。

エコロジーパスの提供するコンサルティングサービスの詳しい内容を紹介します

生態系調査と利活用への展開

生態系調査と利活用への展開のイメージ社有林や拠点内の緑地・ビオトープ、拠点周辺地域などにおいて保全活動を進めることになった時、次に必要なことはそこに生育・生息する動植物や生態系について、よく理解することです。この段階では生態系の調査と管理が活動の両輪となります。動植物や水質等の調査、植生管理や保全活動の手法、さらには環境教育への展開など、現場で生物多様性保全を効果的に進める支援をいたします。また、従業員自身による自立的活動とするためのサポートもいたします。

方針や計画をつくり、そこで工場敷地内のビオトープや社有林において生物多様性を保全するとなった場合、個々の動植物や生態系に関するより深い理解が必要となります。社有林や工場の緑地にどのような動植物が暮らしているのか、ビオトープを整備した後にどのような動植物が戻ってきたかといった生態系調査と、保全・再生を目指した生態系管理が活動の両輪となります。こうした情報を正確に集めまとめることで、保全活動の設計や評価が可能になります。
調査や管理を全てコンサルなどに任せきりにすることもありますが、活動の持続性や効果性向上のためには、従業員自身が自発的に取り組む自立した活動になることが望まれます。調査対象を一部の指標となる動植物に絞るなどして、多くの従業員が参加できる調査・管理活動の構築を目指します。
また、イベント開催や啓発ツール開発、セミナー開催といった環境教育での利活用や、さらにはステークホルダーエンゲージメントへの展開(詳しくは「企業とステークホルダーをつなぐ」を参照)などの取り組みも進めることで、効果的なCSR活動へとつなげることができます。

本サービスで実施する内容の一例生態系調査と利活用への展開のイメージ

  • 動植物および生態系の現状およびモニタリング調査
  • 調査結果に基づいた保全活動の設計、評価
  • 社員参加型モニタリング、ワークショップ等
  • 方針策定後の社内浸透のためのセミナー など